美容師求人情報
美容師求人案内

アーカイブ

更新情報

2016-03-25
離職率の高い美容師・・・しかしその分求人も多い!の情報を更新しました。
2016-03-25
求人サイトの情報を活用する際の注意点の情報を更新しました。
2016-03-25
美容師求人で気をつけるベきブラック美容院の情報を更新しました。
2016-03-23
企業紹介を新規投稿しました。
2016-03-23
美容業界が求める人材とはの情報を更新しました。

離職率の高い美容師・・・しかしその分求人も多い!

オシャレでファッションに関わる職業である美容師は、いつの時代も男女問わず人気の職業です。
それ故に多くの人が美容師を目指しますが、他の職業に比べて離職率が高いことが難点としてよく挙げられます。
実際に統計では美容師の3年以内の離職率は80パーセント、10年経過でで90パーセント以上にも上ると言われています。
ですが、この数字は必ずしもネガティブなパーセンテージではありません。当然、引退や別の職業への転職なども考えられますが、独立やキャリアアップも少なからず含まれているのです。そのためこのような高い離職率が出てしまうのですね。

離職率と同じく求人率も高い!

いずれの理由にしても、同じ場所で働き続ける美容師はほとんどいません。ただ反対に考えると離職率が高い分、美容院側も美容師を求めていると言えます。
パートタイムからフルタイムまで、その豊富な求人は店舗やネットの求人広告、ハローワークなど様々な場所で見受けられます。
美容師求人に関しては、それぞれの店舗ごとの需要があるので一概には言えませんが、老若男女問わず活躍のチャンスはあるでしょう。未経験の方、一度美容師から離れていた方のどちらも美容院への就職機会は多々転がっているので、根気強くあなたに会う美容院を探してください。

今求められている美容師とは?

bfdtrta
現在は様々なスキルを持っている美容師も少なくない状況です。美容師免許だけでなく、ネイリストの資格を持ちマルチに活躍できる美容師さんもいるほどです。
その他にも「美」に関するスキルや資格を持っていれば、様々な状況で力を発揮することができますし、お店やお客さんに貢献できることでしょう。
もちろん美容師としての技術を専門的に学び、その道に精通した方も求められます。多様化するお客様の要望に応えられるテクニックやコミュニケーション能力を持った人は、どんな時でも重宝されますよね。
お店としてもリピーターのお客様をできるだけ多くしていきたいので、そのような美容師としての実力・人としての魅力があれば、どんどん積極的にアピールしたりより洗練させていくべきです。
美容師に限らず様々な職業で境界を超えて交わる機会が増えている現在では、美容師にとらわれない知識や技術を持った人材も、美容師としての経験を深める方も需要が高まっているのかもしれませんね。

積極的に自分に合う美容院を探せる時代

egeggea
今や美容院やサロンのほとんどがホームページを持っていたり、ネットの求人広告や予約システムを導入しているので、美容院の情報を集めることは難しくありません。そして前述したように求人も多い業界なので、情報収集や検討を重ねて自分に合った職場をじっくりと考えるべきです。
どんな人が働いているかをはじめとしてお給料はどれくらいか、お店の将来性やブランド力など、離職率は高い美容師とはいえそこでどれくらいの経験や見返りがあるのかもしっかり考えることが重要です。
ネットや雑誌だけでわからなければ、実際にお店に行って決めるのもいいでしょう。そこでしか味わえない雰囲気や対応、教育環境などを妥協せず追求してみてください。
美容師求人はとても多くある現状ですが、皆さんの希望に十分マッチする美容院・サロンは決して多くはないと思います。その中で自分に求められている事と自分の求めたい事をはっきりとさせながら就職活動を行う事がキーになります。
皆さんなりに優先順位などを決めながら最も理想的な職場を探しましょう。

美容師求人をお探しの方におすすめサイト

美容師・美容室 求人 サイト【美ジョブナビ】

ページ上に戻る